その他

ハワイのレストランでお会計(クレジットカードで支払い編)

初めてのハワイ旅行…レストランで美味しい食事のあと、お会計の方法がわからず困ることもあるかもしれません。

ハワイはチップもありますし、支払いの方法も日本と違います。

今回は、ハワイのレストランで食事をしたあと、クレジットカードで支払う場合のお会計の方法をご紹介します♡

この記事を見れば、あたふたせずスマートなお会計が可能ですよ。ハワイの友人に聞いた、ちょっとした話も一緒にお伝えします。

ぜひ参考にしてみてください!


Sponsored Links

ハワイのレストランでお会計(クレジットカードで支払い編)

ではでは、今まさにハワイのレストランで食事中…

支払い方法を検索している方もいるかもしれないので、早速クレジットカードでお会計する方法をご紹介します。

 

ホルダーが来るのを待つ

食事もそろそろ終わりそうかな~…

なんて頃合いを見計らって、レストランの店員さんがテーブルに、ホルダーを持ってきてくれます。

こんな感じがほとんど↓

このホルダーを持って、出入り口あたりのレジに行くのではなく、テーブルでお会計をします。

今回はワイキキにある、美味しいカジュアルレストラン「HEAVENLY」へ。

お店が混んでいる時など、店員さんもいろいろ忙しいので、これを持ってきてくれるまでに結構時間がかかることもあります。

気長におしゃべりをしながら待つか、次の予定があって急いでいる時なんかは、「Check please.(お会計お願いします)」と言ってみましょう。

その時のテーブルを担当していた店員さんが、ホルダーを渡してくれますよ。

 

POINT

「お会計お願いします」は、そのテーブルの担当をしていた店員さんに、直接伝えるのがベストです。

 

ホルダーの中をチェック

さぁ、ここから最後まで要チェックです。

最初はレシート1枚が入っています。

あ 可愛いイラスト付♡

自分たちが注文した料理と、内容が正しいかチェックします。

また、

クーポンや優待などを利用した場合、それがレシートに反映されているかも確認(たま~に店員さんが忘れていることがあります。)

すでにチップ込になっていることもあるので、よく見る

 

今回はハートマークで印が付いているので、「まだチップは含まれていないんだな」ということがわかります。このようにチップの部分を、丸で囲まれていることもあります。

チップ文化がない日本、おそらく「チップ忘れないでね♡」という観光客への周知の意味もあると思います。

そして「クレジットカードで払います」という意思を示すために、上部にクレジットカードを入れて、ホルダーを閉じて、店員さんが来るのを待ちます。

ちなみに、このクレジットカードを入れる場所がないホルダーもあるんですが、その場合でも同じように、クレジットカードを上からチラッと覗かせておきます。

テーブルの端の方に置いておくと、店員さんがこのホルダーを持っていきます。

ですが、これで決済が完了している訳ではありません!続きがあります。

 

またホルダーが戻ってくる

間もなく店員さんが再度ホルダーを持って、テーブルに来ます。

中身を見てみましょう。

先ほどはなかった、レシートが2枚とボールペンが増えて戻ってきます。

 

POINT

「さっきクレジットカード持って行って、決済したんじゃないの?」

「何のために、クレジットカードと一緒に一旦持っていったの?」

という疑問も浮かびそうですが、最初に持って行った理由は、そのクレジットカードが利用可能かどうかをチェックしているためです。

この写真は↓私が金額など書きこんでしまってますが、もちろん空欄の2枚です。

レシートの2枚は同じなんですが、下の方を見てみると…

1枚は「Guest Copy(お客さん控え)」(Customerという表現なんかもあり)

もう1枚は「Marchant Copy(お店控え)」(Restaurantという表現などもあり)

となっています。

この2枚両方に、チップ分と食事代を足した金額を記入、✕が付いている下の部分に自分の名前を記入します。今回私は「$」書き忘れてますが、「$〇〇」と記入するのがいいです。

ちなみに、名前は日本語で書いて大丈夫です♡

今回は、

「食事代$58.12」+「チップ20%で$11.10」=「$69.22」という感じ。

この$69.22がカードの引き落とし額になります。

 

POINT

「Tip」(チップ)と書かれているので、チップなんだなとわかりやすいですが、この部分が「Gratuity」(グラテュイティ)という表現のこともあります。これも同じくチップの意味です。

日本ではなじみのないチップですが、チップは基本的に「気持ち」です。レストランでは、15~20%くらいが相場。(高級レストランは、チップ額がもう少し上がります。)

「お店のサービスがよかった!」

「美味しかった!」

という場合、チップ文化のアメリカ人はどうしているのか?を気になって聞いたところ、ハワイの友人いわく「18~20%は普通にだすよ」と聞きました。

それ以降よく行くお気に入りのレストランなんかでは、20%を上乗せしています。(主人はそんなに上乗せするの?という雰囲気)

 

POINT

Tip/Guratuity(チップ)、Total(合計)欄を空白にすることは避けましょう。不正に金額を書き込まれるのを防ぐためです。

 

お店を出る

これで、難関部分は終了です。

あとは、

  • 最初に入っていたレシート風の紙(どんなメニューを頼んだかが書かれていた明細書)
  • 自分でチップと合計金額を書き込んだレシート(Guest/Customer copyと書かれているもの)
  • クレジットカード

を自分の手元へ。

「Marchant/Restaurant copy」(お店控え)のレシート1枚を、ホルダーに残してお店を出ます!

以上、ハワイのレストランでクレジットカード払いをする時の、お会計方法でした。

Sponsored Links

 

おわりに

私たちは10年前に初めてハワイに行ったんですが、今でも忘れられません…

高級レストランで食事も終わって、そろそろ帰りたい。

「どうやってお金払うの!?」

日本語の通じないレストランで、相当困りました。あたりをきょろきょろしても、全くわからない…

食べ終わってかなりの時間がたっても、ホルダーが全然テーブルにこない…主人がホルダーを持って、そのまま荷物を持って出口付近へ。スタッフの方に「テーブルまで行くから待ってて」と言われている姿…なんだか恥ずかしかった記憶もあります。笑

(ちなみに、そのレストランのテーブル担当だった年配の店員さんと仲良くなって、その後ハワイに行くたび、夫婦で会いに行くという仲になりました。)

日本人観光客もたくさんいて、日本語がいくら通じるハワイとはいえ、ハワイはアメリカ。事前に知っておくことって、大切だなぁと痛感した瞬間でした。

現金で支払う方法も知っておきたいという方は、こちらの記事もぜひどうぞ。

ハワイのレストランでお会計(現金で支払い編)

一度わかってしまえば簡単なので、何度かレストランで同じことをすれば、もう完璧です!

Sponsored Links

関連記事

  1. ハワイのウォルマートでベビーカーを買う時に気を付けたい5つのこと…
  2. ハワイのレンタカーで注意することは?初心者必見ドライブナビ!
  3. ハマクアのパンケーキミックスの作り方!とっても詳しくご紹介!
  4. ハワイの服装で男性におすすめなのはこんなコーディネート!
  5. ハワイに不動産を購入するには?まずは5つの基本から学ぼう!
  6. ホノルル動物園は家族連れに最適!6つのおすすめポイントをチェック…
  7. ワイキキのエンバシースイーツやトランプに宿泊ならハレコア駐車場!…
  8. ワイキキのど真ん中にあるJCBプラザ・ラウンジ・ホノルルはおすす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

お土産

グルメ

PAGE TOP