その他

ハワイのレンタカーで注意することは?初心者必見ドライブナビ!

ハワイに行ったらレンタカーが便利ですよね。

初めて借りる方は海外での運転が心配だと思います。そこまで難しいことではありませんが、注意することがいくつかあるので、今回はハワイでレンタカーを借りた時に注意することをお伝えしますね。

またオープンカーにしようかどうか迷っている方、何度もハワイに行っている私がハワイでオープンカーを借りるメリットとデメリットもご紹介します!

私たちがハワイのレンタカーで見舞われたトラブルや、駐車のポイントまでぜひごらんください。


Sponsored Links

ハワイでレンタカーを借りる時に注意することは?

ハワイってアメリカですし、道路事情が日本と違うことが主な不安要素ではないでしょうか?

大前提として日頃から運転し慣れている方が借りるのをおすすめします。以前トロリーに乗っていたときに私たちの隣にドカーン!と車が激突…

singou500

その家族もトロリーに乗っていた全員もケガはなく、無事でなによりだったんですが、ぶつけた方はハワイ旅行中のご家族だったと思われます。

せっかくのハワイ旅行なので、少しでも運転経験の豊富な方だとより安心。

では、ハワイで注意したいポイントをいくつかご紹介します。

 

免許について

ハワイでレンタカーを借りる時の免許については、日本の免許証とパスポートの原本で借りられます。

ですが!国際免許証を持っているなら持っていきましょう。ハワイのニッポンレンタカーの公式HPでわかりやすいものがあったので、参考にしてみてください。

運転免許証について

「国際免許証をお持ちの方へ」
ハワイ州法では国際免許証だけでは運転できません。必ず日本の有効な運転免許証をお持ちください。

提携先ナショナルカーレンタル社のハワイ州では今現在日本の有効な運転免許証とパスポート原本でレンタルは可能となっています。しかしながら、万が一事故トラブルなどに巻き込まれた場合、現地警察官が事故処理等の手続きをする際に国際免許証の提示を求めるケースが通例です。ハワイの警察官や救急隊は日本の免許証を提示しても日本語が読めません。
また運転中に危険な運転と判断された場合はハワイ州警察当局の指示に従い車輌レンタルができなくなる場合もあります。その他スピード違反、駐車違反等の交通違反は所轄警察官が漢字を読めない場合は違反切符をその場で処理できず現住所と本人確認の為、翌日または当日簡易裁判所に出頭しなくてはならない場合もあります。
従いまして日本の免許証と共に国際免許証もご持参いただく事を強くお勧めいたします。
もし、日本の免許証だけで運転する場合、ナショナルカーレンタル社、及びニッポンレンタカーハワイは上記のようなケースになる事を理解、承知した上での運転とみなし特別な処理や対応(出頭の代理など)は一切できませんのでご了承ください。

「ハワイの免許証(カマアイナ・ライセンス)をお持ちの方へ
日本の免許証が有効でも裏面に「VOID」のスタンプが押されていますと当HPで案内さて頂いている「パッケージ料金」はご利用になれませんのでご注意ください。提携先のナショナルカーレンタル社をご紹介いたします。

ニッポンレンタカーハワイ公式HPより

ニッポンレンタカーだけでなく、他のレンタカー会社も国際免許証は念のため持参するように…というところがほとんどなので、万が一に備えて国際免許を取得するのがおすすめ。

ちなみにレンタカー会社によっては、免許証翻訳サービスというのを行っています。これは日本の免許証の翻訳をしてくれるんですが、これがあればアメリカのみ国際免許証の代わりになります。

詳しくは各レンタカー会社に問い合わせましょう。ちなみに日本でも各都道府県で多少時間はかかりますが取得可能です。気になる方は近くの運転免許試験場に聞いてみてくださいね。

ちなみにハワイでは上記のルールですが、アメリカ本土やその他の国でのレンタカーについては、他のサイトを参考にしてください。

 

クレジットカードは必要?

「クレジットカードは普段使わない」という方でもレンタカーを借りるならクレジットカードとパスポートはお忘れなく。

クレジットカードが日本よりも圧倒的に浸透しているので、一般的にクレジットカードは支払だけでなく、乗り逃げや事故等の補償として必要です。クレジットカードがないと借りられない会社もあります。

もともと借りる予定はなかったのに、現地でやっぱり借りたいとなった場合には、なおのことクレジットカードは必要です。

ちなみに現地で運転できるのは、会社にもよりますが基本的に満25歳以上が条件です。25歳未満だと1日だけで結構な追加料金がかかります!

 

チャイルドシート

4歳未満はチャイルドシートが必須です。レンタカー会社によっては無料で貸し出しているところもありますので、チェックしてみてくださいね。

4~7歳で身長が145㎝以下、体重20㎏以下のこどもはブースターシートの着用が義務付けられています。

チャイルドシートやブースターをレンタルする場合、会社にもよりますが、$100以上かかる場合もあります。特にブースターは現地でかなり安く購入できることも多いので、購入するのもひとつの手かもしれません。

 

左ハンドル

左ハンドルが不安!という方、日本で左ハンドルって結構運転しにくかったりするんですが…ハワイで左ハンドルだと運転しやすいと感じる方も多いかもしれません。ハワイでの左ハンドルは、日本での右ハンドルという感じなんですね。

どちらにせよ初めてなら多少~…の違和感はあると思います。最初からハイウェイや車通りの多い場所に飛び込まず、徐々にならしていくのがおすすめ!

 

日本と逆の道路

交通量が割とあれば前の車についていけばいいんですが、右折や左折の時にはつい左車線に入ってしまうこともあるかもしれません。要注意です!

走行している時には「いつもセンターラインが左!」と覚えておきましょう。

 

交通ルール

赤信号でも安全確認ができたら右折ができます。右折しないと後ろの車にクラクションを鳴らされます。ただし!「NO TURN ON RED」という標識があったら右折はできません。

これは今まで何回もレンタカーで走っていますが、割と登場します。現地に住んでいる方でもこれを見逃してなのかブーンと行ってしまうこともあったり、後ろからクラクションを鳴らされることもありましたが、交通ルールは守りましょう。

そして日本と同じく、携帯電話での通話などは禁止、シートベルトも着用が義務づけられています。駐車違反の取り締まりは日本よりも厳しいです、本当に。

 

日本では横断歩道にさしかかかる歩行者がいてもバンバン通過する車がとても多いですが、ハワイではクロスウォーク法という法律があります。これは「走行車線側を横断している時は、横断歩道の中央を過ぎるまで停止しなければいけない」と義務付けられているんですね。

横断歩道を歩いている時にちゃんと車が停止してくれるので「ハワイの人って親切だなぁ~」と少し感動していたんですが、こういう法律があったんですね。

今から渡ろうとする歩行者がいれば、ゆったりのんびりと待ちましょう。

 

マイル表示

走行距離も速度メーターもマイルで表示されます。1マイル約1.6㎞ですね。

制限速度はホノルル市内で時速25マイル(約40㎞)、フリーウェイで時速45マイル(約88㎞)くらいです。

 

一時停止

信号のない交差点で、「STOP」の下に「4WAY」や「ALLWAY」の補助標識があったら、すべての進入車両が一時停止をして、交差点に入った順で発進する必要があります。

 

道路標識も英語ですしね…レンタカーを借りる前に、道路事情や標識やルールなど一通り頭に入れておくのがおすすめです。

初めて借りる方は不安もあると思いますが、日本で運転慣れしている方なら少し知識を得るだけで大丈夫だと思います。日本よりも道は広くてそこまで複雑ではないので運転しやすいですよ!

Sponsored Links

 

ハワイで意外と多いレンタカートラブル

私たちは今まで何度もレンタカーでドライブしていますが、ありがたいことにトラブルに見舞われたことはありません。

…ですが!!今回のハワイ旅行でまさかのトラブルに遭遇…(涙)

調べてみると意外にもちょっとしたトラブルを経験をした方も多い!今までラッキーだったのかもしれません。

stop500

ということで、ハワイのレンタカーでこんなトラブルが多いというのを6つと、私たちが本当に困ったトラブルをご紹介します。対処法も合わせてごらんください。

 

車上荒らしにあった…

盗まれたら返ってくることはまずないと思った方がいいかもしれません。ハワイに限らず日本でもそうだと思います。

盗難されないように、駐車場は人目につかない場所に駐車しないようにしましょう。車の中にものを残さないのもポイントです。ブランケットなどもその下になにかあると思わせてしまうので、気を付けましょうね!

 

鍵をインロックしてしまった…

イグニッションに鍵を挿したまま車のドアを閉めると、自動的に鍵がかかってしまうことがあるので注意!エンジンが始動したままでとんでもないことになります。

ガソリン代、鍵のコピー代、タクシーで鍵を運ぶメーター代など様々な費用の負担になります。

 

鍵を濡らした場合

鍵を濡らすと車が動かなくなったりします。湿ったタオルに巻いても始動しない場合もあるので注意しましょう。

海水の場合にはすぐに壊れてしまうので、ビーチに行く時には取り扱いには気を付けて!鍵を壊した場合には、会社によりますが$200以上はします。24時間ロードサービスの保険の加入がおすすめですが、鍵の紛失や損傷は対象外なので、取り扱いは丁寧に…!

 

車内にこどもを放置

ハワイでは12歳以下のこどもを車内に放置するのは法律で禁止されています。逮捕対象になるので注意です!

 

警察に止められた…

これはあまりないと思いますが…明るいところに車を停めて、警官の指示に従いましょう。

 

事故を起こしてしまった…

もし事故を起こしてしまったら、自損事故でも自分から保険会社に連絡をすることも大切なポイントです。今の時代はきっと大丈夫だと思いますが、現地でも使える携帯電話は必須ですね。

 

もし事故に遭った場合は?

もし事故に遭った場合には、冷静に速やかに対処をしましょう。

 

POINT

●車を道路の右側に寄せ、ケガ人を助けます。

●他の車に知らせるためにも警告灯を点灯させてから、警察・救急車(911)とレンタカー会社に電話します。

●事故車同士、名前や住所、運転免許番号、車両ナンバーなどを交換します。全責任を負わせれることにもなりかねないので、勝手に示談に持ち込もうとしたり安易に非を認める発言をしないようにしてくださいね。

●警察官が到着して調書が終わったら、事故報告ナンバー(アクシデントリポートナンバー)をもらいます。

●レンタカー会社の指示に従って、事故発生から24時間以内に報告書に記入します。この届出がないと保険が適応されないので注意しましょう!

 

私たちが経験したこんなトラブル

私たちが今までハワイに行って、レンタカーでトラブルにあったことはなかったんですが、なんと今回のハワイで初めてトラブルに遭遇…

このトラブルについては、よく考えれば誰でも遭遇しそうなトラブル…ぜひこちらの記事を参考にしてみてください。

ハワイのレンタカーでトラブル体験談!こうして乗り切りました!

 

ハワイでオープンカーを借りたい!メリットとデメリット

せっかくのハワイ旅行!「オープンカーを借りようか!?」と検討中の方もいるでしょう。

konba-tiburu500

今回はハワイでオープンカーを借りたい方に、私が思うメリットとデメリットをお伝えしたいと思います。

 

オープンカーのメリット3つ

  • ハワイの風を存分に味わえる
  • 特別感がある
  • ピクニック気分で朝食やランチも

オープンカーならハワイの風を好きなだけ感じられますし、スペシャルな感じがありますよね!日本でわざわざオープンカーはレンタルしないと思うので、ハワイではこれができます!これが最大のメリットだと思います。

kesiki500

ビーチが見える場所や景色の良い場所に車を停めれば、買ってきた食事も一段と美味しく気持ちが良い!朝や涼しくなる夕方は日差しもやわらかいのでおすすめです。やー本当に最高です。

 

オープンカーのデメリット6つ

オープンカーは最高に気持ち良い!と言ったところなんですが…私の中でオープンカーはデメリットが多い印象です。

  • 日焼け
  • とにかく暑い
  • 荷物が載らない
  • 後部座席が狭い
  • 観光客同士で同じような車に乗っている
  • 料金が割高

オープンカーに乗ったことがあるんですが、いや7.8月は特に暑いです。ハワイでも微妙に四季があるので時期にもよりますが、雨が降ったあとなんかは湿度も上がって日本のような蒸し暑さになったら、オープンしてらんない状態になります。

あーもー閉めて閉めて!

 

そして日差しも強いので、オープンカーだと日焼けレベルもアップ!私はハワイで日焼けはそこまで気にしませんが、日焼けを気にする方だと大変だと思います。

ずーっと降り続く雨というよりも、パラッと降ることも結構あるので、そのたび開けたり閉めたりになったり…天候に左右されるので少し煩わしくなったりしますね。

ame500

オープンカーは家族向きというよりもカップルにおすすめ!荷物が全然乗らない、後部座席がほとんどの場合狭いし、料金もSUV以上に高いのがデメリット。

 

またハワイではオープンカーを借りる人が多いので、同じようなオープンカーがたくさん走ってます!全く同じ車で隣に駐車したときなんて「あ なんかすいません…」となんとなく照れます。笑 

あまりかぶらないオープンカーを借りたい!という方には、こちらのレンタカー会社がおすすめです。

他のレンタカー会社ではなかなか扱っていないカッコいいオープンカーが借りられます。

チェイスハワイレンタル

 

料金や利便性重視ならコンパクトカーやSUVが断然おすすめですが、ハワイでオープンカーは朝や夕方は気持ちいいので、ハワイでの過ごし方を考えながらどの車を借りるか考えてみてくださいね!

レンタカーをどこで借りるか迷っている方は、こちらの記事もごらんください。

ホノルル空港からダラーレンタカーを借りて思った4つのこと!
ハワイのレンタカーおすすめ7社!料金に特徴まで丸わかり!

レンタカーは借りてる期間同じ車に乗ることになりますが、1日だけ…いや半日でもオープンカーを借りれるサービスがあったらいいのになぁ…

Sponsored Links

 

駐車するにはどうする?

ハワイでいざレンタカー!さて駐車するときにはどうすればいいでしょうか?

日本語が通じやすいハワイでも、表示は英語ですからね…。ハワイ旅行でレンタカーを借りたら「あ!ここで駐車してあの話題のお店に行きたい!」なんて場面もあると思います。

ということで知っていると便利な3つをご紹介します。

 

パーキングメーター

使用可能なコインは5¢・10¢・25¢です。場所によって夜や日曜日は使用できない場所もありますし、料金も変わってきます。

ワイキキ周辺では、2分5¢、4分10¢、10分25¢、1時間1$25¢~が大体の目安です。場所によっては1~2時間まで駐車可能。

 

バリデート

バリデートとはホテルやレストランなどの施設を利用すると、駐車料金が無料や割引になるシステムのことです。

発行された駐車券を利用施設に持っていき、スタッフにスタンプを押してもらうかシールを貼ってもらいます。そして駐車場を出るときに係員に渡して精算します。

 

バレーパーキング

駐車場のスタッフが車を出し入れしてくれるので、入口付近に車を停め、係員に鍵を渡します。ホテルに宿泊の場合、一日につきバレー$30~、セルフ$25~。

車を取ってきてもらったらチップ$2~をホテルによっては、サービスやリゾートフィーに含まれていることもあるので、よく確認してくださいね!

 

捕捉情報 駐車禁止について

主要道路では、停車して人が乗り降りすることを禁止している場所が多いです!違法になるのは駐車禁止地帯(TWO AWAY ZONE)や消火栓前、路上に赤や黄色の線が引かれている場所、路上駐車、歩道への乗り上げなどなど…。

見つかると35$~260$の罰金になります!ご注意ください。レッカー移動されたらレッカー代の支払いも伴います。また障がい者専用の駐車スペースに許可なく停めると260$の罰金です。

 

おわりに

ハワイのレンタカーで注意することはもう大丈夫でしょうか?細かい交通ルールなどもあるので、ぜひぜひ予習してからレンタカーを借りるのをおすすめします。

あまり見かけない、ハワイでは出番の少な情報もお伝えしましたが、あまり心配しすぎることはありません。

なんとなく頭に入れておくことで、いざという時しっかりと対処ができるので、気楽に交通ルールやポイント学びましょう。

ハワイ楽しんでくださね!

Sponsored Links

関連記事

  1. ハワイで買いたい赤ちゃんのオーガニックおやつ!実際に食べた感想!…
  2. ハワイの安い時期はいつ?お得でおすすめの時期までご紹介!
  3. ハワイで日本の薬を買うならここ!ワイキキの10店舗をご紹介!
  4. ハワイのターゲットで買った外遊びグッズ4種類レビュー!
  5. グリーンワールドコーヒーファームで6つができる!行き方もチェック…
  6. ハワイのレンタカーおすすめ7社!料金に特徴まで丸わかり!
  7. ハワイの病院を知っておくと子ども連れの旅行も安心!6カ所ご紹介!…
  8. ホノルル空港からダラーレンタカーを借りて思った4つのこと!

コメント

    • 名無し
    • 2018年 6月 30日

    >基本的に日本の免許証でOK

    これは国際免許(翻訳書)を所持している場合です。

    ハワイのレンタカー会社が日本の免許証だけでも貸してくれるのでこのような間違った認識が広がっています。

      • kimamahawaii
      • 2018年 7月 01日

      コメントありがとうございます。記事を見直すきっかけになりました。
      ハワイ以外の国ではレンタカーを借りる際、国際免許を所持する必要があるんですね。

      免許の部分追記致しました。ご指摘ありがとうございました。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

お土産

グルメ

PAGE TOP